キッチンカー 出店 募集 2020, 鶏肉 キャベツ うま煮, アルルカン たもん 本名, ヨーグルト 酸っぱい 腐ってる, 手帳カバー A5 ブランド, ブロック され たらブロックし 返す, Switch ダウンロード版 Wifiなし, " />

ジブラルタル 出撃 セリフ

上記の出撃セリフは設定ミスだった模様。現在はネルソンとの出撃時にこのセリフを話すように修正されている。人気投票でネルソンと思しき人物からコメントされる、台詞の一部が似通っているなど姉妹仲は良いようだ。 ・後段作戦(E4) !』では、メインキャラクターとして登場する。, 太陽発電衛星ハイランドに住む子供たちの一人で、エリシャの妹。12歳。ザンスカールに占領されたハイランドを解放されたことがきっかけでリガ・ミリティアに協力するようになる。性格はやや気が強く、ウォレンの思い人であったがオデロを受け入れた姉とは違い彼を終始相手にしていなかった。地球に初めて来た際には空気に強烈な違和感を覚えていた。劇中では主に魚の骨、ホワイトアークに搭乗して索敵を担当していた。戦後は家族らと共にカサレリアで暮らす。, リガ・ミリティア地上部隊の眼鏡をかけた女性メカニック。リーンホースの支援でメキシコ(タンピコ)に展開していた部隊の一員。「地球浄化作戦」においてメキシコ湾で侵攻を受けた際、正規のパイロットが不在の中でアドラステアの侵攻を止めるためにハリーの制止を振り切りジャベリンで出撃したが、ショットランサーによる攻撃がほとんど通用せず対空砲火に呆気なく撃墜され、驀進して来たアドラステアのタイヤに機体ごと押し潰され戦死。, 元サナリィの研究者でリガ・ミリティアの主要人物のうちの一人。ハンゲルグ・エヴィンとは夫婦であり、主人公ウッソ・エヴィンの母親。, 初期のリガ・ミリティアのモビルスーツ開発で重要な役割を果たす。当初は一家でカサレリアで暮らしていたが、リガ・ミリティアの作戦が本格化すると幼いウッソを残して宇宙へ行った。ウッソに対しては出産前に見た夢(本人は啓示として受け取っていたようである)により特別な存在と感じ取っており、幼いころからサバイバルや高等教育などを施しニュータイプとしての素養を育てていた。, 月面のセント・ジョセフにてウッソと再会、しばらく行動を共にする。しかしシャクティの先行した行動をカバーするためにシャクティの代わりにザンスカールに囚われの身となってしまう。, 地球浄化作戦の折、ピピニーデンにV2ガンダムのパイロットの母親であることを悟られ、人質としてモビルスーツの手に握られ盾にされる。ウッソはモビルスーツを行動不能にして救出を試みたが、地面の凹凸によって跳ね上がった戦艦リシテアの車輪に敵モビルスーツもろとも巻き込まれ首だけになるという最期を遂げた。その首は、劇中の展開でヘルメットを着用しており重いヘルメットとして描かれた。, 漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人』では同姓同名のサナリィのスタッフが登場する。作中においてサナリィ月面開発実験所でミノフスキー・ドライヴの実験機「F99レコードブレイカー」の開発に携わっている。のちにF99は敵の攻撃により実験データごと破壊されてしまうが、「1から光の翼を完成させる」と発言していることから、V2ガンダムの開発者の一人であるミューラと同一人物であることが示唆されている。, 苗字から、シャア・アズナブルとナナイ・ミゲルの間にできた子孫ではないか?という説があるが、後に富野監督から否定されている。また後にミゲルのスペルがNanai MiguelとMyra Miggellで違うことが公式な書籍に掲載される。, カミオン隊メンバーの一人。70歳。医術の心得があるらしく、聴診器を首から提げている姿がよく見られた。エンジェル・ハイロゥ攻防戦にて若いクルーを脱出させた後、ロメロと共に損傷したガンイージに搭乗。リーンホースの甲板上に座り込んで援護射撃を行うも、アインラッド付きゾリディア隊の猛攻の前に対処できず、至近距離からコクピットに直撃を受けて戦死した。, 地球連邦軍の大尉。55歳。旧ベチエンの飛行場からカミオン隊の輸送を請け負い、そのままリガ・ミリティアと行動を共にする。かつては連邦軍の中でも「給料泥棒」と揶揄されていたほどの軍人の一人で、初登場時はまったくやる気の無いダメ親父だった。しかしウッソ達に出会って真面目な性格になり、リガ・ミリティアの中心となって大いに活躍した。やや口調は厳しいが、指揮官として優れた才能を発揮し、リーンホース(Jr)の艦長として各地を転戦。幾多の苦境を切り抜けてきたが、最後の戦いで老人クルーらと共にビームラムでモトラッド艦隊の旗艦アドラステアへ特攻、艦隊を巻き込んで壮絶な戦死を遂げた。なお、V-MSVによると以前はアフリカ戦線のAAAA隊に所属し、ジェムズガンを駆っていたといわれている。, カミオン隊のメカニック。カミオン隊最年長の85歳で、元はサナリィにいたらしい。エンジェル・ハイロゥ攻防戦にてリーンホースがズガン艦隊の中心へ特攻をかける際、レオニードと共に中破したガンイージに搭乗してアインラッド付きゾリディア隊を迎撃するも、敵の数と速さに対処できず、至近距離からコクピットにビームの直撃を受け戦死を遂げた。, シュラク隊メンバーの1人。サイド2アメリアの出身で、ザンスカール帝国のやり方に危機感を覚えてリガ・ミリティアに参加する。過去に家族全てを事故でなくしており、マヘリアが戦死した際にはウッソとシャクティの関係を「死ぬときも一緒だろうからうらやましい」と語っていた。ジブラルタルでのベスパとの交戦中、メッメドーザの誤爆によって崩れかけたマスドライバーを支えている間に、クワン・リーのメッメドーザによってコクピットをビームサーベルで貫かれ戦死。, 登場話:10〜50話(10、11、13話姿のみ、12、15〜19、22〜27、29、30、35、37〜40、44、45、47話未登場), シュラク隊メンバーの1人。激戦の中を初期メンバー6人の中で唯一生き残り、月面の戦闘でオリファー・イノエが戦死した後にはユカ・マイラスに諭され実質的な隊のリーダーとなる。その後は反地球浄化作戦より部隊の最前線に立ち、陣頭指揮を執ることが多かった。ウッソ・エヴィンに対しては他のシュラク隊の隊員が接していたのと同じようにその能力を認め、また子供を守るのは大人の仕事とばかりに彼を含むホワイトアーク隊のサポートに回ることもしばしばあった。, 最終決戦のエンジェル・ハイロゥ攻防戦ではシュラク隊最後の一人としてウッソを手助けしようとリグ・コンティオとの戦闘に割って入るが、クロノクルとウッソの決闘の邪魔立てをしたとカテジナの怒りに触れ、ゴトラタンに乗機のVガンダムを片脚・片腕・頭部・コクピットを次々に撃ち抜かれるという形で撃破され、戦死。彼女の死をもってシュラク隊は全滅する。そばかすがトレードマークである。, シュラク隊のリーダー。リガ・ミリティアでは古参のメンバーで、ガンイージ開発時にはテストパイロットを務めていた。初期のメンバーから「姉さん」と慕われている通り、隊の中では明確なリーダー格であり、面倒見がよい。特にウッソに対しては、MSの操縦を含め、様々な面で良き先輩的存在として支えた。隊長のオリファーを慕っており、そのためオリファーと恋愛関係にあったマーベットと確執があった。, ヘレン、マヘリア、ケイトと3人の仲間が立て続けに戦死し、ジブラルタルから宇宙に上がってからは、どこか死に急ぐような戦闘を行い、ウッソやオリファーらに心配をかけていた。21話のカイラスギリー攻防戦で、それまで確執のあったマーベットと和解。22話では痴話喧嘩をしながらも、見事な連携でウッソをザンスカールへと向かわせた。, ザンスカール本国に潜入したウッソの脱出を助けるためにガンブラスターで出撃、カテジナ・ルースのリグ・シャッコーの攻撃からウッソを庇って負傷した。その直後のビッグキャノン攻防戦中に負傷した体を押し、クロノクルが仕掛けた時限爆弾の解除に向かうが解除に失敗、ウッソの目の前で命を落とす。, 登場話:31〜50話(31、36、48話姿のみ、32〜35、37〜40、43〜47、49話未登場), 月面で補充メンバーとしてリーンホースに合流し、反地球浄化作戦ではコニーらと共に戦った。宇宙に上がった後、新兵器として完成したばかりのメガビームシールドをVダッシュヘキサで使用するが、機体が耐えられず暴走・大破、その際に遭難しかける(この時はオデロらに救われている)。この時に機体が制御できなかったことに自身の能力の限界を感じ、逆にウッソに対してはスペシャルであることを実感していた。その後はウッソらホワイトアーク隊の面々を積極的にサポートすることに徹する。, ウッソを同僚のミリエラ・カタンと共によくからかっていたが、シュラク隊の中でも特にその様子を気にかけていたようであり、後にミリエラにそのことをからかわれている(これに対してフラニーはあくまでパイロット同士の仁義だと言い張っていた)。, 最終決戦まで生き残るが、50話で錯乱状態となってエンジェル・ハイロゥを攻撃し始めたカテジナ・ルースの乗るゴトラタンを見て、造反したものと判断して不用意に近づいたところをメガ・ビームキャノンの砲身で薙ぎ払われて撃破され戦死。, 登場話:10〜26話(10、11、16、18、21話姿のみ、12、13、15、17、19、22〜24話未登場), シュラク隊メンバーの1人。シュラク隊のメンバーの中では、ジュンコに次ぐNo.2の腕前と称される。クールで、ブロンドの金髪美女。当初はウッソに距離を置いていたが、徐々にその距離を縮める。25話にてウッソをサポートするためにガンイージで単身出撃し、コンティオ戦隊と交戦、機体は中破・自身も負傷する。26話で、ウッソ、マーベットを庇う為に左腕部・両脚部を失ったガンイージで怪我を負った体をおしてクロノクルの乗るコンティオに組み付くが、ビームサーベルの直撃を受け、戦死。, シュラク隊はノーマルスーツの胸元を開けて着る傾向があり、他の隊員はノーマルスーツの下に黒いハイネックのウェアを着用(リガ・ミリティアのノーマルスーツを着用していないユカ・マイラスは不明)しているが、ペギーのみスクープネック状のウェアを着用している。, 登場は10話であるが、セリフが与えられたのは14話。その際の声優はカテジナ役の渡辺久美子が兼任。ペギーの出番が多くなった25話、26話で荒木香恵が担当した。『スーパーロボット大戦シリーズ』では渡辺、『Gジェネレーションシリーズ』では荒木が声を担当している。, シュラク隊メンバーの1人。11話のベチエン飛行場での戦いで敵機(ピピニーデン隊のトムリアット)撃破の直後、僅かに見せた隙を敵に突かれてコクピットを潰されて相討ちとなり、シュラク隊最初の犠牲者となる。, この時ジュンコはヘレンを鳥の百舌そのものだったと語っている。また、マヘリアとは仲が良く、ジブラルタルの戦闘の際にマヘリアはヘレンの遺品のリップスティックで頬に戦化粧を施し、ヘレンの弔い合戦に赴いている。, シュラク隊メンバーの1人。シュラク隊一のグラマラスな女性で、情熱的である。交通事故で目の前で死んだ弟の面影をウッソに重ね、「親孝行しなよ」と優しく声をかけた。13話「ジブラルタル空域」にて頬に口紅で戦化粧を施してヘレンの弔い合戦を誓う。ジュンコから自重するよう釘を刺されていたにもかかわらず、ファラに入れ知恵されたクワン・リーの挑発を受けて思わずビームライフルを構え、ベスパに戦端を開く口実を与えてしまった。その後、危機に陥ったウッソを守るためにトムリアットと交戦、撃破するも同時にビームローターでガンイージのコクピットを削られ大破し、その時の爆発に巻き込まれて戦死して相討ちとなった。短い間だったがウッソを特に可愛がっていたため、マヘリアが戦死した際、ウッソは消火器を片手にガンイージに駆けつけるが時既に遅く、ウッソは大破したコクピットハッチに縋りながら狂ったように大泣きをした。なお、マヘリアの遺体は他の戦死したシュラク隊とは違い喪失されておらず、ジブラルタル空港で棺に納められた。, 小説版では、シュラク隊が結成されるよりも前にジュンコと共に登場し、その直後の戦闘でクロノクルに機体(Vガンダム)を撃墜されて死亡している。また、この際の機体の爆発に晒されたことが原因で、カテジナはザンスカールに保護されている。, シュラク隊の補充メンバーの1人。反地球浄化作戦時には登場しない。フラニーことフランチェスカ・オハラとは親友で、コンビを組んで出撃することが多かった。エンジェル・ハイロゥ攻防戦でフラニーがカテジナのゴトラタンに撃墜され、ゴトラタンに挑むもビームカッターで乗機を貫かれ返り討ちに遭い戦死。, 登場話:16〜49話(17〜27、33、36〜39、44、45話は未登場、28、30話は姿のみ), シュラク隊の補充メンバーの一人。元は地球連邦軍のバグレ隊に所属していたが、部隊が全滅したためリガ・ミリティアに合流した。これまで彼女が関わった部隊は全て全滅していることから「死神」の異称まで持つ(彼女自身はその二つ名を嫌っている)。当時の連邦軍人としては珍しく生粋の叩き上げで、リガ・ミリティア合流後には実力を買われシュラク隊に編入される。反地球浄化作戦においてはホワイトアーク隊の指揮を取ったこともあった。最終決戦まで生き残るが、ウッソのV2ガンダムの道を切り開くべく、ヘキサで彼の先駆けを務めている最中、コクピットにカテジナのゴトラタンから放たれたビームの直撃を受け、命を落とす。その時の「マーベットが私たちの子供を産んでくれることを、先に逝った連中に教えに行かなければいけない」という主旨のセリフから、どうやら元々特攻をかけて死ぬ気だったようである。, 主な搭乗機はガンイージ、ガンブラスター、Vガンダムヘキサ、Vダッシュヘキサ、一時的にVガンダムにも搭乗している。, リガ・ミリティア(シュラク隊)に属してはいたが、最後まで地球連邦軍(バグレ隊)のノーマルスーツを着用していた。, ここには、地球連邦軍に所属する人物を挙げる。ただし、リガ・ミリティアに所属する人物は除く。, 地球連邦宇宙軍の提督。階級は大将。容姿・性格ともに『機動戦士ガンダム』のレビル将軍を髣髴させる人物。統制と指揮能力も弱体化した当時の地球連邦軍の中では有能な人物で、地球連邦軍主力艦隊の一つであるムバラク艦隊を旗艦のラー・カイラム級機動戦艦ジャンヌ・ダルクで指揮をとる。, 彼は、ザンスカール帝国の勃興以来何の対抗策も採ろうとしなかった連邦政府に見切りを付け、連邦の将軍の権限で可能な範囲の裁量で法的に問題のない手続きを踏んで独自の行動を起こした。しかしこれが連邦軍の主流派から疎まれることとなり彼は事実上左遷されたも同然の状態に陥った、つまり彼の指揮する旗艦ジャンヌ・ダルクのもとに集結した連邦軍の艦隊も実質的に連邦軍の主流派から外されていた勢力だった。リガ・ミリティアに合流した後の作戦に際して必要な情報収集も連邦軍の上層部によって意図的に阻害されており、エンジェル・ハイロゥの建造に関しては連邦軍の諜報機関が事前に情報を入手していたにもかかわらず、連邦とザンスカールとの裏取引によってその情報は隠蔽されていたらしい[3]。, ザンスカール戦争の終期、ハンゲルグ・エヴィンの要求を受け、リガ・ミリティアに合流。以降、リガ・ミリティア艦隊の総司令官となる。彼の指揮するムバラク艦隊は兵器系統こそ旧世代だが、精強な実力を持つ艦隊であり、エンジェル・ハイロゥ会戦においては優れた指揮能力を発揮、善戦する。帝国第一陣であるピピニーデンのラステオ艦隊、エンジェル・ハイロゥから離脱したタシロ艦隊を全滅させ、ザンスカール最強のズガン艦隊とも互角以上の戦闘を演じた。最後はジャンヌ・ダルクによる特攻を敢行するため、乗員の退艦作業を行っているさなかリグ・コンティオにブリッジを破壊され、死亡する。しかしジャンヌ・ダルクは戦場を突き進み、ザンスカールの総旗艦であるスクイード級戦艦ダルマシアンを巻き込んで轟沈した。, 上記の活躍の通り、ムバラクの擁する連邦軍主力艦隊の物量はザンスカール帝国にとって脅威であることには変わりなく、リガ・ミリティアが勝利に至ったのは旗艦ジャンヌ・ダルクを始めとする戦力の充実がなければ不可能だったであったとされる。[4]。, 小説版ではウッソに祖父のように接し、ウッソもハンゲルグよりムバラクに好意を寄せている節がある。エンジェル・ハイロゥ宙域での最終決戦に臨む前には、木星公団を探ろうとするハンゲルグの意図に気づき、ハンゲルグのジャンヌ・ダルク退艦を許可するなど、アニメ版以上にハンゲルグとの接点も描かれた。最後は、ザンスカール艦隊の主力に特攻し、壮絶な戦死を遂げた。, 漫画版ではジン・ジャナハムとしてリガ・ミリティアを率いるためにウッソに対して父親として接してやれないハンゲルグを諭す人物として描かれている。後にハンゲルグがジャンヌ・ダルクでザンネックの攻撃からV2ガンダムを庇ってしまった時も、それを父親として当然の行動と受け入れていた。最後はハンゲルグが再びジャンヌ・ダルクでV2ガンダムを庇い、クロノクルのドッゴーラ改の攻撃を受けて撃沈されそうになったため、ハンゲルグと共に脱出しようとしたが、邪魔された事に激怒したクロノクルによってジャンヌ・ダルクを破壊され、死亡した。, 小説版のみに登場。階級は大尉で所属は連邦軍の巡洋艦チャルファ。カイラスギリーを用いたリガ・ミリティアのザンスカール攻撃に参加する。その際知り合ったジュンコとわりない仲となる。カイラスギリーがオーバーヒートする中、トリガールームで最期までコントロールを取り続けるが、第三射のビームを放つと爆発に巻き込まれ、ジュンコとともに死亡する。, ルペ・シノ隊のモビルスーツパイロット。マケドニアで捕虜となったウッソを容赦なく殴り飛ばすなど、乱暴な性格。一方で上官のルペ・シノには畏怖しており、彼女に歪んだ好意を向けられていたウッソにその恐ろしさを説いた。ゲドラフで迎撃に出るがウッソのV2ガンダムにV1のコアファイターを使った戦法の餌食になり戦死する。ウッソのV2ガンダムによる最初の犠牲者。, ベスパ(ザンスカール帝国軍)の士官で、階級は大尉。クロノクルの士官学校時代の先輩。気取り屋だが、指揮能力・パイロットとしての腕ともに中々の実力を持っていた。, 登場初期はトムリアットで編成されたピピニーデン隊を率いて、その見事なフォーメーションでウッソ・エヴィンらリガ・ミリティアを苦しめる。, また、宇宙戦では上官に出世したクロノクルに対し、部下の前では呼び捨てにするよう促したり、自身はサポートに回って的確な指示を出すなど、中盤までは気取り屋だが中々の人物として描かれていた。, しかし後の地球浄化作戦にクロノクル・アシャーの部下として参戦した際、配下のゴズ・バールを使い、直前に捕虜としていたウッソの母ミューラ・ミゲルを人質として盾にする作戦を行わせ、後輩のクロノクルの怒りを買い、愛想を尽かされてしまう。, 最終戦のエンジェル・ハイロゥ攻防戦においてアドラステア級戦艦「ラステオ」を中心に編成されたラステオ艦隊の司令として前衛を任される。, 第42話において士気向上のためヘルメットも被らずモビルアーマー・ビルケナウで出撃しようとするが、その直前にウッソに撃破され帰還してきたルペ・シノのブルッケングに取り付かれ、道連れにされる形で諸共に爆死。旗艦ラステオも巻き添えで吹き飛ばされ、艦隊も壊滅した。ルペには道連れにされる間際に「つまらない男」と評された。 Apex Legends(エーペックスレジェンズ)における全キャラ(レジェンド)一覧です。全キャラの特徴やアビリティ情報をまとめています。Apex Legendsのキャラ情報を知りたい方は、こちらをご活用下さい。 Apex Legends(エーペックス レジェンズ)の攻略Wikiです。最新のアップデートやパッチノートの情報の他にも、最強ランキングやイベント情報なども掲載しているのでぜひご覧ください。 ※消滅前の開封をお忘れなく ジブラルタルを越えて 北大西洋の要衝ジブラルタル開放作戦を実施せよ!同海峡を越え、地中海方面への進出を図れ!連合艦隊、出撃! ジブラルタルを越えて 第1ゲージ:港湾夏姫戦 第2ゲージ:深海地中海棲姫戦 海域報酬 第1ゲージ:港湾夏姫戦 e2はゲージは2つですが、ギミックはなし。 ジブラルタル: ガンシールド 照準器越しにエイムを行うとガンシールドが展開し、被弾を防ぐ。 [その他] 鉄壁: プロテクトドーム 攻撃を15秒間ブロックするドームシールドを投下する。 防衛爆撃 スモークでマーキングした地点に迫撃砲の集中攻撃を要請する。 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(きどうせんしガンダム ぎゃくしゅうのシャア、英題:Mobile Suit Gundam Char's Counterattack)は、1988年 3月12日(土)に松竹系で劇場公開されたガンダムシリーズの … 作戦完了は1/13(水) AM11:00の予定 (参照:運営Twitter), 議論掲示板にて、 ジャベリンで出撃 ... ジブラルタル ... 登場は10話であるが、セリフが与えられたのは14話。その際の声優はカテジナ役の渡辺久美子が兼任。ペギーの出番が多くなった25話、26話で荒木香恵が担当した。 今回もこちらの SDガンダム Gジェネレーション・ポータブル - PSP 発売日: 2006/08/03 メディア: Video Game SDガンダム Gジェネレーション ポータブル の攻略になりますね。 今回は、Vガンダム ステージ2 ジブラルタル攻防。 中立地帯ジブラルタルでの、シャトルとマスドライバーを守るエピ… ※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、最大値はLv99の時の最大値を指します。, 1.<大西洋 1939> 2.<ノルウェー 1940> 3.<カラブリア 1940> 4.<リビア 1940> 5.<地中海 1940-44> 6.<マタパン 1941> 7.<スファックス 1941> 8.<マルタ輸送船団 1941> 9.<アドリア海 1944> 10.<アンツィオ 1944>, 期間限定配布アイテム(配布終了) 牧師も代行している。ガウンランドの遠隔操作作戦の際、操艦を一手に引き受けた。最終決戦で若い乗組員をリーンホースJr.から脱出させた後、ゴメス艦長らと共にズガン艦隊の中心に特攻をかけて戦死した。, 漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人』では、サナリィ第2月面開発実験所の責任者として、同名の人物が登場しているが関連性は不明。, 声 - 中田雅之 / 福島潤(『SDガンダム GGENERATION SPIRITS』以降のゲーム作品), ラゲーンの戦災孤児の一人で、子供達のリーダー格。15歳。喧嘩っ早いお調子者だが、面倒見が良くまっすぐな性格の持ち主。ウォレン・トレイスとスージィ・リレーンと共に行動。リガ・ミリティアに参加し、銃器などを使って、ザンスカール帝国のモビルスーツと戦った。, ハイランドで出会ったエリシャ・クランスキーに一目惚れし、最初は振り向いてもらえなかったが、38話以後、両思いになり、その時にクジラのペンダントを渡す。オリファー・イノエの指導を受け、トマーシュ・マサリクと共にモビルスーツパイロットになり、ホワイトアーク隊の一員としてウッソ・エヴィンの乗るV2ガンダムをサポートする。, 最終決戦のエンジェル・ハイロゥ攻防戦で、ウッソを助けようと、カテジナ・ルースの乗るゴトラタンと戦うが、エンジェル・ハイロゥの効果で戦意が低下した不意を突かれてビームトンファーの攻撃を受け、蹴り飛ばされてガンブラスターが核爆発、戦死した。戦死後は、リガ・ミリティアの霊体勢の中では真っ先にウッソの目前に出現し、カテジナとの決戦に臨む彼をサポートした。, なお、ウッソ以外で全ての回に登場した唯一のキャラクターである(第17話では声なしで登場)。, 漫画版では、エンジェル・ハイロゥに侵入したウッソを救うために単身突入、内部の戦闘で乗機ガンブラスター共々ボロボロになりつつもウッソの元へ駆けつけ、居合わせたフォンセ・カガチとマリア・ピァ・アーモニアを巻き込んで爆死した。その後、エンジェル・ハイロゥの残骸と共に浮遊していた彼の機体のビームサーベルはクロノクル・アシャーに追い詰められたウッソのV2ガンダムが使用し、逆転のきっかけとなった。なお、死の間際、ウッソのことを本当の弟のように思っていたと語っている。, パイロットとして活動するだけでなく指揮官としての能力もあり、シュラク隊を編成したりオデロやトマーシュをパイロットとして育て上げるなど、パイロットの育成にも尽力した。シュラク隊の初代指揮官であったがメンバーの全員が女性であるために、マーベットからは顰蹙を買ったようだ。, マーベットとは以前から恋人関係であり、マケドニアコロニーでリガ・ミリティアが捕まった際に看守の目を逸らすために挙式する。しかし、31話にて月から発進するモトラッド艦隊の動きを止めるため、自分の使っていたV2のハンガー、ブーツパーツをウッソに託し、コアファイターで旗艦アドラステアへ特攻を仕掛け戦死している。, 総監督の富野由悠季はインタビューで「オリファー・イノウエ」であるとし日本人の血が流れていると言及している。, ウーイッグがベスパに襲撃された際に、クリス・ロイドのゾロから機銃掃射を受けて母親を失い、ウッソに拾われた赤ん坊。1歳。通称「カルル」。リガ・ミリティアと行動を共にするも、シャクティらと共にザンスカール内部へ連れて行かれる。シャクティ庇護の下で大切に扱われ、マルチナをザンスカール内の病院にウッソらが引き渡しに来た際、スージィとともにウッソらと再会を果たす。ニュータイプと思われる能力の片鱗が作中でいくつも見られ、その後はエンジェル・ハイロゥ戦の際、シャクティとの共鳴でエンジェル・ハイロゥの位置を特定するためにも利用された。戦後はウッソやシャクティに引き取られカサレリアで暮らす。ほとんど言葉はしゃべれなかったが、最終話では初めて自分で立って言葉を発し、戦後にはカテジナに自己紹介できるまでになっていた。, 太陽発電衛星ハイランドに住む子供たちの一人で、トマーシュの弟。14歳。ザンスカールに占領されたハイランドを解放されたことがきっかけでリガ・ミリティアに協力するようになる。劇中では魚の骨、ホワイトアークに搭乗し主に操舵と火器管制を担当していた。最終決戦まで生き残り、戦後は家族とともにカサレリアで暮らす。, リガ・ミリティアのメカニック。20歳。カウボーイハットがトレードマーク。リーンホースJr.が特攻する際、避難勧告を無視して整備をしていてロメロに怒られるなど、メカニックとして仕事はしっかりする性格のようである。ネス、ストライカーとは仲がよい。最終決戦では老人たちにより艦から脱出させられ生き延びた。, リガ・ミリティアのリーダーであるジン・ジャハナムの複数いる内の一人。当初は口先だけ達者な小心者で、事前情報だけ聞いていた為父親だと思っていたウッソを落胆させたり、「置物のタヌキ」とオデロに揶揄されるほど頼りない人物で影武者扱いされていた。が、真のジン・ジャハナム(ハンゲルグ・エヴィン)と合流した後は、次第に軍人らしい言動を取るようになる。物語終盤、リーンホースJr.の特攻の際にはゴメス艦長や老人たちと運命を共にする決意を固め、最後はジン・ジャハナムとしてリーダーに相応しい態度を見せた。その後特攻を仕掛けている間にザンスカールのMS部隊の猛攻で死亡したらしく、ブリッジを破壊される直前のゴメス艦長のシーンにおいて、後方の彼が座っていた席で倒れている。, ラゲーンの戦災孤児の少女。9歳。オデロらとともによく行動し、活発な行動もとる。戦災時のトラウマがあり、ビームローターの音を聞くと身動きが取れなくなる。面倒見が良く、カルルのお守りもよくしていた。オデロらが宇宙に上がった後にはシャクティと共に行動し、宇宙遭難やザンスカール本国への潜入を経験している。ザンスカール本国でシャクティと共にウッソらと合流、その後リガ・ミリティアへ合流してからホワイトアークに搭乗してサポートをしていた。亡くなった姉はファラによく似ていたらしい。戦後はウッソらと共にカサレリアで暮らす。, リガ・ミリティアのメカニック。35歳。ごつい外見で無口。オイ・ニュングとカテジナがクロノクルに拉致された際に妨害しようとして負傷したこともある。最終決戦で老人たちに促されリーンホースから脱出した。, 太陽発電衛星ハイランドに住む子供たちの一人で、ブラスタの姉。ザンスカールに占領されたハイランドを解放されたことがきっかけでリガ・ミリティアに同道するようになる。地球浄化作戦までリガ・ミリティアに同道していたが、停戦協定が結ばれるとカサレリアに残りそのまま終戦を迎えている。, 太陽発電衛星ハイランドに住む子供たちのリーダー格で、浅黒い肌の少年。17歳。冷静な性格で機械にも詳しいらしく、ウッソのハロを宇宙用に改良、ハンドメイドの宇宙船を作ることも出来たらしい。ザンスカールに占領されたハイランドを解放されたことがきっかけでリガ・ミリティアに協力するようになる。当初は後方支援を担当することが多かったが、後にオリファーの指導の下でモビルスーツに搭乗するようになり、ウッソ、オデロらと共にホワイトアーク隊の一員として活躍する。次々と仲間が戦死していく中、最後まで戦い抜いた。アニメ最終回の途中からラストまで忽然と姿を消してしまい生死不明状態にあったが、戦後はカサレリアでウッソらと暮らしている模様。[要出典], 『SDガンダム GGENERATION WARS』でシャイニングガンダムに搭乗させてシャイニングフィンガーかSフィンガー・ソードを使用すると「シャイニング…?なぜだかできる気がする!」と発言をする。, リガ・ミリティアのメカニック。21歳。リーンホースが宇宙へ出てからは主にオペレーターを担当。赤いベレー帽をかぶっている。最終決戦では艦に残留を希望するも、レオニードら老人に諭されクッフたちと共に脱出。通称「駄々っ子ネス」。ゴメス曰く「しゃべらなければいい女」。, メキシコ湾から上陸し、タンピコ市街を蹂躙するモトラッド艦隊に抵抗していたリガ・ミリティアのレジスタンス。ジャベリンで出撃しようとするミズホを制止しようとしたが、彼女は強引に飛び出してしまう。その後、敢え無く戦死した彼女の姿に激怒して艦隊へ地上砲火を浴びせるが、イクが乗るリシテア級エムの艦砲射撃を食らって戦死。, リガ・ミリティアの創設者ジン・ジャハナムの一人。また、ミューラ・ミゲルとは夫婦であり、主人公ウッソ・エヴィンの実の父親。, 厳格な性格の現実主義者。息子のウッソがニュータイプであることを信じ、幼少の頃から徹底的に鍛え上げた。一方、実際にウッソがエースパイロットとなってしまったことには戸惑いがあり、少しぶっきらぼうに接してしまっていた。ウッソのハロは彼が拾って改造したものである。, 最終決戦時にはリガ・ミリティア及び地球連邦軍の連合軍の指揮をムバラク・スターン提督と共に執っていたが、旗艦であるラー・カイラム級戦艦ジャンヌ・ダルクの特攻直前に姿を消し、それに気づいたムバラクから「はしっこい(狡猾な)男」と評される。ザンスカール帝国との戦いの後に次なる脅威と目される木星開発公団と戦うために退艦して行方をくらましたと言われている。, 小説版ではリガ・ミリティア艦隊がエンジェル・ハイロゥに最後の攻撃を仕掛ける前に、ムバラクの諫言でジャンヌ・ダルクより退艦、木星公団の調査へ向かった。, 漫画版では性格や容姿が大きく異なり、ウッソに父親として接したいと思いながらも、戦争終結まではジン・ジャナハムとして行動しなければならないというジレンマに悩む人物として描かれている。そのため、久々に再会したウッソに言葉もかけない態度を取るが、ウッソがファラ・グリフォンとの戦闘で危機に陥った際は思わずジャンヌ・ダルクをV2ガンダムの盾にするという行動を取り、結果的に親子の絆を取り戻すこととなった。しかし、クロノクル・アシャーの猛攻に危機に陥ったウッソを再びジャンヌ・ダルクで庇い、アサルトパーツを射出。艦長のムバラクと共に沈むジャンヌ・ダルクから脱出中に、クロノクルによってジャンヌ・ダルクごと一刀両断にされてしまった。, 太陽発電衛星ハイランドに住む子供たちの一人で、ソフィアの弟。ザンスカールに占領されたハイランドを解放されたことがきっかけでリガ・ミリティアに同道するようになる。地球浄化作戦までリガ・ミリティアに同道していたが、停戦協定が結ばれるとカサレリアに残りそのまま終戦を迎えている。, リガ・ミリティアのウーイッグ工場長。オイ・ニュングとはウーイッグで会う約束をしていたが、アニメ第一話の時点で、イエロージャケットによるウーイッグへの空襲でボイスンは死亡しており、遺体はロメロ・マラバルによって焼死体の山の中から発見された。彼の死体からは炭化した地図が見つかり、きっと工場を敵に知られないよう遠く離れた為彼は死んだのだとオイ・ニュングは推測していた。, シャクティの愛犬で、マスコット的存在。彼女らと行動を共にする。シャクティの叔父にあたるクロノクルに対しては、最初は警戒していたもののなついていた。ハロと一緒に潜入して人探しをしたり、ウッソに銃を突きつけた兵士に噛み付くなど、知能の高さが窺える。宇宙に上がった後にはシャクティと共に行動し、宇宙遭難やザンスカール潜入を経験している。主にホワイトアークに搭乗していた。最終決戦まで生き残り、戦後はカサレリアで暮らしている。, 声 - 白石文子 / 木村亜希子(『GGENERATION SPIRITS』以降のゲーム作品), 浅黒い肌をしたリガ・ミリティアの女性モビルスーツパイロット。22歳。レギュラー陣の中で最も長身(クロノクルやタシロよりも高い)。Vガンダムのテストパイロットだったが、戦闘中に脚を負傷する。その後、マーベットの乗っていたVガンダムは、ウッソ・エヴィンが乗ることになる。, リガ・ミリティアではお姉さん的な存在で、落ち込むウッソを慰めたりもした。オリファー・イノエとは恋人関係にあって、ザンスカール帝国に協力しているマケドニアコロニーで捕虜になった際には、看守達の注意を引くためではあるが結婚する。その後、オリファーがモトラッド艦隊に特攻して戦死したため、その悲しみのあまり気が動揺しそれが戦闘中にもあらわれていたが、その悲しみを乗り越え戦うことを決意する。オリファーの戦死後は、彼の後を継いでホワイトアーク隊・シュラク隊のまとめ役を務めた。ホワイトアーク隊のリーダー格ではあるが、シュラク隊と作戦行動を共にする場面も多かった。, 戦乱の後半に、自分の中にもう一つの命、すなわちオリファーとの子が宿っていることを感じるようになる。ファラ・グリフォンも、マーベットの中にもう一つの鼓動を感じ、戦闘中に一瞬油断をしてしまった。, 多くのリガ・ミリティアのメンバーが激戦で死んでゆく中を最後まで生き残り、戦後はウッソ、シャクティらと共にオリファーの墓があるポイント・カサレリアに移り住んでおり、お腹も大きくなっていた。, 主な搭乗機はVガンダム、Vガンダムヘキサ、ゾロアット(ホワイトアット)。また、ホワイトアークの事実上の艇長。, 漫画版のラストでは、終戦後オリファーの忘れ形見(ただしオリファーが死亡した描写は漫画版には存在しない)を出産し、父の名にあやかってオリファーJrと命名。息子とともに、夫のオリファーが眠る墓地に、墓参りに来ていた。漫画版において、ウッソがリガ・ミリティアで戦うことになったのは、彼女がクロノクルの目の前でウッソがVガンダムのパイロットだとばらしてしまったためである(ウッソ本人にはそのつもりはなかった)。, 漫画『いけ!いけ!ぼくらのVガンダム!

キッチンカー 出店 募集 2020, 鶏肉 キャベツ うま煮, アルルカン たもん 本名, ヨーグルト 酸っぱい 腐ってる, 手帳カバー A5 ブランド, ブロック され たらブロックし 返す, Switch ダウンロード版 Wifiなし,

カテゴリー: 活動報告
Top